"/>

仙石淳さん

クライマー

Jun Sengoku_a世界の山を舞台に山岳ガイドとして活躍する仙石淳氏は、中学時代を児童自立支援施設で過ごした。反社会的行動を繰り返し補導されたことが原因だった。児童自立支援施設は、児童養護施設と同じく、子どもの社会的養護に関わる児童福祉施設だ。

その日は小学校の運動会だった。岐阜県の郊外に暮らしていた淳は、昼間の疲れからぐっすり眠っていたところを、深夜、突然父親にたたき起こされた。子どもながらに、何かただならぬことがあったに違いないと感じたという。
母親が家を出ていった。
両親はよく夫婦喧嘩をしていたが、今回はただの夫婦喧嘩ではなかった。仙石氏の人生はその日から一変した。母がいなくなったのち、ほどなくして父も仙石氏の前からいなくなったのだ。父親は、時おり、ほんの時おり帰っては、机の上にわずかなお金を置いて、また出て行く生活を繰り返した。

わずか10歳という幼さで、仙石氏は自分といっしょにとり残された弟の面倒をみた。なんとかして二人で生き延びなければならなかった。料理や掃除などあらゆる家事をこなし、学校にもきちんと通った。しかし中学校に入学すると、素行の悪い仲間と遊び歩くようになる。何が正しいのか教えてくれる大人はいなかった。それまでの苦労、ストレス、そして鬱憤を発散させるかのように深夜まで徘徊し、家に帰ることが少なくなっていった。
度重なる非行から、13歳でついに補導される。児童相談所を経て「児童自立支援施設」に入所。厳しい規則に縛られた社会的養護施設、かつての教護院だ。ここで仙石氏は更正をめざすこととなった。

施設での生活は厳しいルールに縛られながらもさまざまなことを学んだ。プログラムにスポーツが盛んに取り入れられていたが、彼はチームプレーや団体競技にはなじめず、単独競技に興味を示した。そして、授業で見た1本の映画から冒険家、植村直己について知る。内向的な一面を持ちながらもさまざまな冒険に果敢に挑戦し、日本人として初めてエベレスト登頂を果たした氏に、仙石氏は大きな憧れを抱く。14歳にして、危険と背中合わせの冒険に満ちた登山家を目指すことを決心する。

児童自立支援施設の退所をひかえ、仙石氏は自動車整備専門学校を受験し、合格する。ところが、彼の経歴を知った学校側が入学を拒否。中学卒業後の居場所を失ってしまう。強い憤りと挫折感を感じつつ、実家に戻ることになったのだが、自身のタバコの火の不始末が原因で実家で火事を起こしてしまう。再び居場所を失った彼は、当時つきあっていた女性と一緒にアパートで暮らし始める。18歳になるとすぐにこの女性と結婚するが、あっという間に関係は破綻、離婚することになる。

離婚後、仙石氏は祖母と弟とともに暮らし始めたのだが、ほどなくして事件が起こった。弟が自殺未遂をおこしたのだ。弟は父親に引き取られ、再び離ればなれになってしまった。
仙石氏は登山家になりたいという思いを新たにし、海外への渡航資金を貯めるために必死で働き始めた。目的地は、フランスのシャモニー。ヨーロッパの最高峰、モンブラン登山の拠点の街で、憧れの登山家、植村直己が若き日々を過ごした場所だった。

24歳で初めてフランスに渡った。ホテルの部屋掃除として住む場所と仕事を与えられた。やっと得られた自分の居場所。毎日が充実していた。ところが翌年、日本に一時帰国した仙石氏に悲報が待っていた。仙石氏が日本不在の間に、弟が自殺したのだ。深い悲しみと罪悪感に苛まれた末、仙石氏は決意を新たにする。弟が天国で誇りにしてくれるような、人間になろうと。そしてわずか4日間の日本滞在後、すぐにフランスへと舞い戻った。

フランスで、仙石氏はとにかく1人で山に登り続けた。単独行動がゆえに、危ない目に何度もあった。あえて危険な登山に没頭することで、家族を失った悲しみと孤独を払拭しようとしていたのだ。このころの彼のクライミング・スタイルは、「畏れ知らず」を越えて「無謀」であった。ヨーロッパ三大北壁のひとつであるグランド・ジョラスから滑落し、あやうく命を落としかけたこともある。オフシーズンだったため通りかかる他の登山者がいない絶望的な状況の下で奇跡的に携帯電話がつながり、一命をとりとめたのだ。

この滑落は、仙石氏にとって大きな転機となった。事故を聞きつけた登山仲間や地元シャモニーの友人たちが次々と彼のもとに駆け付けたのだ。それまで天涯孤独の身を投げ出すように、死を畏れず、むしろ死を嘲るかのように危険な登山を行ってきた仙石氏は、そこで初めて自分が孤独ではないことを知った。
仙石氏は、現在もクライマーとして精力的に活動を続けている。登山を通じて多くの人々と出会い、人とのつながりをさらに広げている。プロとしてスポンサー企業の協力を得、また心を許し合える友人も増えた。彼の世界は、登山と彼を支える人々の励ましによって予想もしなかった規模へとさらに広がりを見せている。

みらいの森との出会い

仙石氏はたびたびみらいの森の理事、ジェフ・ジェンセンと山で出会うことがあった。ジェフの流暢な日本語と、日本の山々を軽々と制覇していく並外れた体力に感心していた。二人は何度か一緒に山を歩いたことはあったが、仙石氏が自分自身の過去について語ることはなかった。ある晩、共に酒を飲みながら、ジェフがみらいの森の活動について話し始めたとき、仙石氏の心で何かが動いた。

植村直己は偉大な冒険家であるとともに、深い慈愛にあふれている人だった。彼は発達障害のある子どもたちのために、野外学校を作ることを夢見ていた。残念ながら、マッキンリーでの不慮の事故により、彼の夢が叶えられることはなかったが、まさに憧れだった植村氏のように、仙石氏もまた障害や問題のある子どもたちのために、自分も何かしたいと考えていたのだ。ただ、それが叶えられるのはずっと先のことだと思っていた。ジェフとの出会いはまさに運命だった。いま、その時が来たのだ。

仙石氏は「石の上にも三年、継続は力なり」ということわざに触れた。「僕はお金がなくて、ガリガリにやせていた。外国語も話せず、ただ純粋に山が好きということ以外は何もなかった。」これまでの仙石氏の人生の道のりは険しく、そして長かったが、彼はそれを乗り越え、新しい夢を見つけることができた。だからこそ、今苦しい局面にある子どもたちも、いつかは自分と同じようにそれを乗り越えることができると信じている。あきらめずに努力を続け、自分自身の「山」の制覇を目指してほしい。

「心から強く欲すれば、誰よりも強い願望があるのなら、それは達成できる。辛抱強く頑張っていれば、誰かが気づいてくれる。誰かがあなたに手をさしのべてくれる。僕の周囲の人々がそうであったように。」

IMG_0478今の仙石氏は1人ではない。憧れの地、フランスのシャモニーで日本人女性と出会い一緒にモンブラン登頂を目指すうち互いに惹かれあい結婚。その年に目標であったモンブランに2人で無事登頂する。今は子供にも恵まれ、次は家族そろってモンブラン登頂することが彼の夢である。

みらいの森は、仙石淳氏をみらいの森アンバサダーとして歓迎いたします。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲