"/>

ブログ

元プロボクサー坂本博之さんから!みらいの森への応援メッセージ

2015.06.01

児童養護施設出身で元プロボクサーの坂本博之さんから、みらいの森の活動、そして今回の【みらいの森の子どもたちにラフティングの経験を!】というクラウドファンディングプロジェクトへの応援メッセージをいただきました!

Untitled「すべての子どもたちは平等に、同じ青空の下で学ぶものがたくさんあります。スクリーンの中のゲームではなく、自然の中で体を動かし、人とのふれあいの中でこそ、リアルに人の痛みがわかる大人へと成長できます。
子どもたちにそんな機会をつくることは、私たち周りの大人の役割です。
このような活動は、2人が4人、4人が8人…
と、みんなが輪になって初めて現実できることです。
みなさま、応援よろしくお願いします。」

***坂本博之さんプロフィール***

1970年12月30日 福岡県田川郡川崎町生まれ
2歳前に「鞍手乳児院」へ預けられ、3歳を迎える頃、児童養護施設「誠慈学園」へ入所。
その後、一時帰宅と親戚の家を転々としながら、小学2年生の時にネグレクトを受け、児童養護施設「和白青松園」に引き取られる。
同施設のテレビでボクシングと出会い、プロボクサーを目指す。
1991年にプロデビューし、日本、次いで東洋太平洋ライト級チャンピオンを獲得。
2007年現役引退後は、自身のボクシングジム「SRSボクシングジム」にて後輩の指導にあたる他、全国各地の児童養護施設への慰問を積極的に行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Return to Top ▲Return to Top ▲