"/>

ブログ

初!ボランティア説明会を実施します

2017.02.28

DSC_1137

今後も1人でも多くの子どもたちのためにみらいの森の経験を創り上げられるよう、ぜひ皆さまのお力をお貸しください。みらいの森チームの一員となり活動することにご興味をお持ちの皆さま、ぜひ説明会にご参加いただき、どのようにご協力いただけるかご相談させていただきたく思います!

日付:3月28日(火)
時間:19時〜20時30分
場所:港区高輪区民センター
アクセス:都営三田線・東京メトロ南北線「白金高輪駅」1番出口直結
参加費:無料
ご登録:オンラインフォームより

このエントリーをはてなブックマークに追加

NPOみらいの森 ボランティアコーディネーター募集

2017.02.16

MM_media (181)

NPOみらいの森 ボランティアコーディネーター募集

ボランティアコーディネーターは、みらいの森の各部門において、それぞれのニーズに合うボランティア管理システムを構築し、実践する役割となります。みらいの森のミッションに賛同してくださる、英語・日本語を話すボランティアの皆さんの採用とマッチングから、プロジェクトが双方にとって実りある成果を出せるよう、サポートしていただきます。

業務:

・団体のニーズを見極める
>サマー・ウィンターキャンプチーム
>アウトドアプログラム開発
>ファンドレイジング
>コミュニケーション
>事務
・みらいの森オリジナルのボランティアシステムを構築
・ボランティアの方の募集、採用
・ボランティアの方の継続的なサポート

時給: 交通費実費支給、850円〜

勤務時間:

・週2日(10時-17時、昼休み1時間)
・2017年3月1日〜(3ヶ月ほど)

勤務場所: みらいの森オフィス、または自宅

条件:

・プロジェクトマネージメント経験があること
・ワード、エクセル、メールソフトが使えること
・ 文章作成及びインターネットを使った調査ができること
・ イニシアチブをとって仕事を行えること

言語:

・英語ネイティブ、及び会話レベルの日本語
・日本語ネイティブ、及び会話レベルの英語

ご興味のある方は、お気軽にご連絡ください!info@mirai-no-mori.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

更なる飛躍の1年に!

2017.02.14

FullSizeRender 15

先月、新しいオフィスに移転し、同時に新たなインターン生もチームに加わりました。さらなる成長を目指すにはベストな環境が整い、今後も活動を続けていくための計画や企画が、まだまだ控えています。今日の私たちがあるのは、ひとえに支援者のみなさまのおかげです。さらに多くの子どもたちを援助できるように、今後もさまざまな形で継続的なご支援をお願いいたします。つねに変革し、進化していくみらいの森をあたたかく見守ってくだされば幸いです。またみらいの森の進歩をご報告した、2016年の年次報告書をぜひご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウッドワークショップ – 記念品としての手作り割り箸

2017.02.07

Media (131)

11月20日の快晴の日に、20人の子供たちを迎え、4人のケアワーカーと17人のボランティアの方と一緒に、美しい御岳山に行ってきました。この日の最初は、緊張をほぐすゲームとして” Nature Art” を行いました。全チームはとても表現力豊かに、皆さんの前で英語を使い自分達の作品を発表しました!

午後は、全ての参加者皆さんが手作り箸を作りました。中にはとてもシャープで滑らかな、その他には少しラフな感じで、でも鋭い感じの物も出来ましたよ。ケアワーカーの方によると、何人かの子どもたちは、この手作り箸が壊れない様にこの日以来引き出しの中にしまっているそうです。又、何人かの子供たちはこの大切な箸を、大事に楽しみながらご飯の時に使っているそうです。参加した子どもたちは、協力してくれたボランティアの皆さんを、ポジティブなお手本としており、とても良い雰囲気の中プログラムを終えることができました。

この自然つながりプログラムの重要な要素として、子どもたちとの継続した関わり合いを挙げています。何人かのリピーターの子どもたちも参加が決まっていまる、次回2月18日のプログラムレポートをお楽しみに!

ボランティアの声-

Q: ボランティアのプログラムとして何が最も価値のある事ですか?
「子どもたちと、恥ずかしさや緊張を乗り越え、交流できたこと。」
「次回のプログラムがいつになるのか、待ちきれない様子で聞いてくる様子を見れたこと。」
「たとえ結果が直ぐに見えなくても、少しでも希望の種を植える事が彼らに出来たこと。」
「子ども達全員を見守るチームとして、一緒に参加したボランティアが協力し合い、ポジティブな雰囲気を創り上げるチームとなったこと。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Return to Top ▲Return to Top ▲