"/>

人とのつながりを体感:Nくん

2014年のサマーキャンプに2度目に参加したN。Nは地元の養護学校に通う18歳男子です。性格は大人しく、学校・園共に交友関係でのトラブルは少ないですが、他の子と共通の遊びを通して余暇時間を過ごす事などが苦手なため、一人で過ごす事が多い児童です。
普段、同年代の児童と一緒に活動したりする機会が少ないため、Nが数日間も同年代の子ども達と一緒にキャンプを楽しむ姿を想像する事ができませんでした。しかし、Nは前回参加した「みらいの森」のキャンプから、同年代の子達に対して臆することなく関われる・関係を築けるという自信を持てていたようです。実際に今回のキャンプが始まると、生きいきとした表情で色々な人に声を掛けて触れ合っていました。日常生活に戻ってからも、自分の意見や考えを伝えようとするなど、人との関わり方に自信が感じられるようになってきました。又、高校から取り組んでいた陸上競技へも、一段と意欲的に取り組めるようになってきました。
今回、みらいの森のキャンプに参加し、Nは「人とのつながり」を体感することが出来たのだと感じます。それは継続的な参加があったからこそ、待っている・応援してくれる人の存在を感じることが出来、その存在があったからこそ、期待に応えたい・自分にも出来るという、肯定的な気持ちや自分への自信へとつながったのだと思っております。みらいの森キャンプでの思い出や経験を胸に、これからも人との出会いや繋がりを大切にしていって欲しいと思います。

(福島県参加施設 男性)

Return to Top ▲Return to Top ▲