"/>

リーダーシップと自信:Mちゃん

小学5年生の頃からみらいの森キャンプに参加しているМは、自信のなさから、何事にも消極的な子どもでした。サマーキャンプに毎年参加する中で、まずキャンプに参加すること自体に自信が付きました。初めは周りに合わせてばかりでしたが、本人なりに引っ張ってみんなで協力して頑張ろうする姿など、さまざまな面で成長していく姿を見ることができました。

そんなМは中学生になり、1年次はクラスの副委員長や学年執行部に立候補し、自らみんなの前に立って活動していました。2年生になった最近では、学校の生徒会役員に立候補し全校生徒の前で頑張っています。施設生活が長く、あんなに消極的だったМにとって、みらいの森キャンプに継続的に参加してたくさんの仲間やスタッフの方々と出会えたこと、たくさんの経験をさせていただけたことが自信に繋がったように感じています。М自身も、毎年キャンプに参加すると意気込んでいますが、今後も継続して参加できるのであれば、Mにとって自分の視野を広げられるようなキャンプとなることを期待したいです。

また、みらいの森のスタッフの方々は、継続的にキャンプに参加しているМ以外の子どもたちのことも覚えていてくれています。自分を覚えてもらえている、見てくれているという実感だけでも施設に入所している子どもたちにとってはとても勇気付けられるものであり、自己肯定感に繋がることだと思っています。

みらいの森のスタッフの皆さんには、どんな子どもたちの姿にも親身に寄り添っていただいています。それは、子どもたちの自信に繋がるだけでなく、職員も勇気付けられており、感謝の気持ちでいっぱいです。今後も継続的な関わりをしていただけることを願っています。

(岩手県参加施設 女性)

Return to Top ▲Return to Top ▲