サマーキャンプ

2020年7月 プログラムアップデート

まだ予断を許さない状況ではありますが、みらいの森でもガイドラインに則り、安全策を取り入れながら少しずつプログラムを再開し始めました。

小規模で今月初めに開催した週末の自然つながりプログラムでは、森の中できこり体験を行いました。4か月ぶりの自然の中での活動となった子どもたちも多く、1日を通して子どもたちがのびのびと楽しみ、積極的に活動していく様子がとても印象的でした。久しぶりの再会となったリピーターの子どもたちの中には、アクティビティキットの一環としてお送りしたキャンプソングのビデオを見て歌や英語を練習してくれていた子もおり、今後も、プログラム時や施設での日常生活での学びや体験の幅を広げられるよう、工夫を重ねていきたいと考えています。

8月に予定している日帰りサマープログラムでは、ハイキングや川遊び、森の探検やクラフトなど、5感を存分に使いながら、子どもたちの自主性と創造性を育む、楽しいプログラムを企画しています。また、長期宿泊型プログラムの開催が困難な中、少しでもプログラムの効果を延長し、持続させるために、事前に送るビデオメッセージや、遠隔で子どもたちと繋がる方法も、施設や職員さんたちにご相談に乗っていただきながら検討しています。

今後も、参加者のみなさまの安全を第一に考え、状況に臨機応変に対応しながら、様々な形で子どもたちをサポートし続けてまいります。